手放すことにした車は乗り始めて長年経っ

新しい車が欲しいなという思いがよぎったので

手放すことにした車は乗り始めて長年経っ

手放すことにした車は乗り始めて長年経っ はコメントを受け付けていません。

手放すことにした車は乗り始めて長年経っており、車検期間も残り僅かだったので有料で引き取ってもらえる気はしませんでした。



そこで、今回車を購入した店舗に無料で引き渡してしまったのですが、しばらく経った後、その引き取ってもらった車が結構な値段を付けられて店頭に並んでいるのを見ました。



それなら、私も楽天車査定業者に査定をお願いして買取金額をちゃんと調べておくべきだったと残念な思いで一杯です。私の車は事故歴があります。歪んだフレームを直してもらったので、修理歴のある車ということになるでしょう。しかし、修理跡は簡単に見ただけでは分からない箇所にあります。

車を買取に出す時に修理歴のことは言わなくてもいいのでしょうか。後になってそれを理由に減額を請求されても嫌ですし、裁判沙汰になどされると一大事です。



そういったリスクは背負いたくないので、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。少数の例外はあるかもしれませんが、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。



資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定書がどうしても必要になった時には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ中古車の査定を申し込まなければなりません。



日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、車の査定には幾らかの料金が発生します。それから、事前に査定の申し込みが必要です。雨天や曇天、夕方など暗いときに査定してもらうと、車のキズなどのアラ隠しになって査定額は高くなる傾向にあるという俗説があります。けれども実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、いつにもましてしっかり見ようと努力もするでしょう。

自分で洗車する人ならおわかりでしょうが、洗車して磨き上げた車は天気の良い日にはその美しさが際立ちます。
以前から天気と査定の関係はいろいろ言われていますが、各々短所もあれば長所もあるわけで、雨天査定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。


支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、普通自動車を売却しないで廃車にすると戻って来ます。

逆に軽自動車については別途決まりがあって、自動車税は戻りません。でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。


しかしながら、自動車税のことについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。



できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。今日では車の買い換えをする際、買い取り業者を利用して査定に出す人が増えてきました。その際、気を付けておきたい点があり、査定を受ける車の事故歴、修復歴について、わざと伝えず、隠そうとした場合はどうなるのか、です。


車を売却する際には、店と契約書を交わしますが、そこにある買取査定規約によりますと、事故歴の把握をしているのなら申告義務があることが書かれています。



これにより、事故歴や修復歴をあえて隠していた、申告していなかった、という場合には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも業者は事後減額要求できることになっていますので、査定額を落とさないために事故歴を隠すと却って損をすることになります。
軽自動車税が高い最近では、中古車だって人気があります。ついでに言うと中古車の値段を値切れるの?なんて思う人もいるかもしれませんが相場についての情報を集めておくと値引きしてくれるケースがあります。車の知識がある人に同伴して見てもらうと安く買える場合もありますよ。
売りたい車の査定を受けようとする際には、洗車をしておくのが基本です。買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、一目で手入れされてないとわかる汚い車よりはきれいに洗われた車に良い印象を持つのは当然です。
車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、査定額が減る場合があります。


また、洗車を行うなら普段念入りには洗わないタイヤまわりも手を入れておくといいですね。車査定を依頼したいけど、個人情報は教えたくないという人も多いのが現状です。
しかし、匿名で車の査定を行うというのは難しいです。

メール査定であれば可能な気もしますが、残念なことに必要最低限の個人情報は提供しなくてはいけないので、匿名希望は無理です。車を査定してもらう際には、必ず個人情報を相手に開示する必要があります。
自動車を手放す手続きをする際には、必要書類の中に車庫証明は入っていません。でも、新しく購入した車に関しては、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。
車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、個人で車庫証明を取得することも可能です。
ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、トライするのも結構ですね。車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、車の売買契約書を持って行きましょう。

About the author:

Back to Top