私の愛車はもう何年も乗った車で、ちょうど車検期間

車の売却、その査定を考え始めたら、大変

私の愛車はもう何年も乗った車で、ちょうど車検期間

私の愛車はもう何年も乗った車で、ちょうど車検期間 はコメントを受け付けていません。

私の愛車はもう何年も乗った車で、ちょうど車検期間も残り少なかったので買取で金額が付くとは思っていませんでした。

そのため、新車を買ったときにそのまま無料で引き取ってもらいましたが、引取りに出した私の元愛車が後日、そこそこ高値で店頭に並んでいるのを目撃しました。



こうなるくらいなら、買取業者に頼んで業者に売却した場合の金額を聞いておくべきだったと今は後悔するばかりです。二重査定制度とは、査定額を後から変更できる制度です。
中古カービュー業者に査定依頼をして、査定額の決定がなされたとします。本来であれば、その金額での買取をしてもらいそれで終わりですが、後に故障箇所や傷が発見される場合もありますよね。

そんな時には、あらかじめ決定していたはずの査定額の変更を余儀なくされる可能性がありえます。天候によっても、車の査定額は変動します。

晴れの日、ピカピカに洗車した車を持っていけば外観も美しくみえますし、車を大切に乗っていることが伝わりますから、少しは査定額が高くなると思います。
逆に、雨の日は、細かな傷のチェックなどができず、査定を行う人が注意深くなって、この上なく低い価格を提示されることがあるといいます。このような理由で、車査定は晴れた日の方が有利になります。
車を売りに出そうと思ったので、ネット上でできる簡単査定を利用しました。車は高級外車のアウディで、新車で買って5年しか経っておらず、かなりの高値が付くだろうと期待していたら、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。その査定をしてくれた業者の担当者に実際に来てもらって事情を聞いてみると、「今はアウディでも軽自動車以下の額しか付かない」とのことで本当に驚きました。一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。


そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、旧型の自動車の場合には大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

車を買取専門店に査定に出すときには走行距離数が少ない方が有利です。
走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると却って不調になることが多いのです。走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。



二重査定制度は中古車を取扱う業者にとっては制度としては好都合ですが、利用者においては非常に不利な制度です。


悪質業者にかかると、二重査定制度を巧みに利用して、大幅に査定額を下げることもあります。



二重査定制度の問題を避けるためにも、契約時には事前に契約内容をしっかり確かめること、査定時に明確に車の状態を報告することが大切です。通常の中古車なら車の買取に出して高い価格で売ることもできますが、事故を起こした車となると引き取りをしてもらうだけで十分と考えるかもしれません。

しかし、近頃では事故を起こした車であっても一括査定で複数の買取会社に査定をしてもらうと、予想以上の高い値段で買取をしてもらえます。

初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で「何年落ちの車」などと言って古さを表します。



その場合、製造年は無関係で、その車が初めて登録された年数ですから間違えないようにしましょう。

価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。
販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、もし購入する気持ちで考えてみると、状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

車買取の流れはだいたい以下の通りとなります。
まず始めに申込みを行います。電話、もしくは直接来店して申し込みを依頼する方法、インターネットでお申し込みをご利用いただく方法もあります。


申し込みが済みましたら、査定です。

買取、査定を担当する者が車の状態などから買い取り金額を公表し、その額に納得いただけたら成約しましょう。以上のようにズバットは行われるのです。もうすでに自動車を売ってしまっているのに、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除などを言い渡されることがあるかも知れません。


事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分が非難される筋合いはないでしょう。
どうしても納得いかないときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると相談することが最善でしょう。

About the author:

Back to Top