自分の車についた傷や故障は、あまり直さずに状態を査定してもらう

ディーラーで中古車を買取、下取りしてもらう時

自分の車についた傷や故障は、あまり直さずに状態を査定してもらう

自分の車についた傷や故障は、あまり直さずに状態を査定してもらう はコメントを受け付けていません。

自分の車についた傷や故障は、あまり直さずに状態を査定してもらうために出しましょう。



気になる傷や壊れた個所があるならば、その評価分金額は低くなってしまいます。しかし、気になる大小関わらず傷や故障は、買取会社が自分で整備、修理したりするので、評価する前に修理しておく必要はないのです。



マイナス査定で減らされる金額よりも、修理費用の方が高額になってしまいます。今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的でお店に突然車を乗り付けていくのは無謀にもほどがあります。他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。



もっとも、良いところもないわけではありません。

それは、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。現物はすでに店舗に乗ってきているのですから査定を待つばかりですし、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、その日だけで売却手続きが終了する場合もあります。



乗用車は普通、初度登録の年月をベースに何年落ちといった言い方をするものです。
実際には製造年からカウントするのでなく、初めて登録した年から数えるので要注意です。

当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると値段がつかない車も出てきます。
市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、もし購入する気持ちで考えてみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。事故してしまい車を修復した際は、事故車と言うのではなく修復暦車と呼ぶのます。
修復暦車の場合だと、車買取業者の査定において、査定の金額が、大幅に下がってしまうひとつの原因となります。


ただし、軽い事故を起こして修理した場合、修復暦車と扱われることなく正規の買取査定を受けることができる車もあります。新車の価格は変わりませんが中古車の場合は市場価値がどんどん変化していきます。



したがって中古車を査定する際に業者が提示した価格にも有効期限が設けられているのが普通です。

しかしこの期限も実際のところ様々ですから、見積りを出してくれた担当者に有効期限をしっかり確認することが不可欠です。


有効期限の設定は、長いところで2週間が設定されていると思いますが、市場の動きによってはかなり短期間で設定されていることもあります。


買取業者による車の査定を考える際に覚えておきたいことは、大事なのは査定を一か所の業者に依頼せず複数社を使うこと、車内の掃除と洗車を行ない、加えて、車検証や保険証書(自賠責)など必要書類は用意をしておきましょう。

言うまでもないことですが、後々変に話が拗れたりすると困るので、修理歴があることなどは査定に響くからといって黙っておくことはしないで申し出ておきましょう。


もし査定額にどうしても納得できない場合はそこでの売却は断念し、悔いを残さないようにしましょう。

自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。
目立つ傷があっても、素人が自分で修理することはオススメできません。修理の腕に長けていなければ、ちょっと見ただけではきちんと直っているように見えても専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良いということではないのです。修理した事による査定額アップはあまり期待できず、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。マイナス査定の要因になり得るものとして、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、その車体のカラーが流行っていない、キズや汚れが車体にある、車のパーツに破損が見られる、車中でのタバコ等があります。また、車体の修理をされているということも査定額に関わります。万が一、修理部分があると大幅に査定が下がると考えられます。車を売る場合、少しでも高く売りたいと考えるのが本心だと思います。



なので、多くの業者に車の査定を頼み最も好条件なところに売るということも、方法の一つです。


それに、高い値段で売るためには査定をお願いする前に少しでも綺麗に車を掃除している方がベターだと思いました。自動車購入を考えている人が多い時期が、自動車を売却する人にとっても自動車を高く売るチャンスですね。自動車購入の需要が高ければその分供給しなければならず、待ったなしで自動車の買取金額も上がるのです。3月と9月は企業の決算月にあたるので中古車販売店はいつもよりも車を売ることに注力するので、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。9月は、さらに夏のボーナスが出て間もない時期であることから順調な売れ行きを見せることが多いため売り時と言えるでしょう。

About the author:

Back to Top